スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

泉健太 [Izumi Kenta]

1974年7月29日生

1974年 ○北海道札幌市の北大病院にて出生。
1993年 ○立命館大学法学部入学。○立命館大学弁論部に所属。
1994年 ○関西学生弁論討論交流会の会長を務める。
1995年 ○全日本学生弁論討論交流会会長を務める。
○この間、弁論大会・ディベート大会にて優勝・入賞多数。
1996年 ○全国初の学生主催候補者公開討論会「市長候補を知る'96京都」を開催。
実行委員長を務める。(その後、名古屋市、神戸市、豊中市の市長選挙で同様に企画を実現。その取組はNHKニュースやABCニュースステーションにて特集され、現在の市民団体「リンカーンフォーラム」活動の全国展開につながる。○公開討論会活動により、立命館大学法学部学部長賞を受賞。○学生と地域の交流を目的に、町おこし団体「京都まつり学生実行委員会」を結成。初代委員長を務める。○北海道よさこいソーラン祭に、京都より関西初のチームを組織し、出場。
1997年 ○丹後半島沖のナホトカ号重油流出事故で、重油回収ボランティア団体「action forum」を結成。京都北部の各機関と情報交換を行い、数百名の市民ボランティアの派遣業務を行う。○地球温暖化防止京都会議(COP3)にて、環境NGO「気候フォーラム」のスタッフ広報リーダー。自治労京都市職員労働組合COP3実行委員会スタッフ。
1998年 ○立命館大学法学部卒業。○福山哲郎事務所スタッフとして勤務。市民ネットワーク担当。当選後、参議院議員 福山哲郎秘書として勤務。 
2000年 ○民主党京都第3区総支部長就任。○全国最年少候補として衆議院選挙出馬。財政再建・環境問題など「未来世代への責任」を訴え、ボランティア選挙を展開。57,536票を獲得し、当選まで9,000票と迫った。○第150回国会にて研修。
2001年 ○ 次世代のアジア国際関係を考え、交流する活動を開始。フィリピンの環境(スモーキーマウンテンや排気ガス)問題、日比国際児問題の調査、中国上海の経済発展・工場視察などを行う。○厚生労働省派遣の日本青年遺骨収集団員として、戦後処理、国際交流を行う(12月に硫黄島)
2002年 ○電子投票の普及を目指し伏見区にて「電子投票市民実験イベント」主催。○厚生労働省派遣の日本青年遺骨収集団員として、戦後処理、国際交流を行う(1月にパプアニューギニア、11月にフィリピン)。
2003年 ○二度目の衆院選で84,052票を獲得し初当選。○政策テーマのひとつ「東アジア地域の次世代交流の促進」の一環として、台湾(中華民国)を訪問。官房長官や外務大臣と懇談。
2004年 ○第159国会衆議院本会議にて代表質問「公益通報者保護法」○次世代のアジア国際関係構築のため、各国の大使館を訪問、交流中。○アジア国際交流の一環として、モンゴル、韓国を視察訪問(7月)。○国会質問、現場視察、街頭演説など「泉ケンタ2004年の目標」に向かって邁進中!
2005年 ○三度目の衆院選で92,249票を獲得し小選挙区にて再選を果たす(9月11日)○青年局長として、国内各地を精力的に訪問、意見交換会を開催○アジアの国際交流の一環として韓国を再訪問(11月)
2006年 ○次世代育成支援(少子化対策)PT事務局長○高齢者虐待防止PT事務局長○治安・防犯WT事務局長


スポンサーサイト


政治家 | 2007-01-31(Wed) 15:36:36 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Statesmen of Japan ~日本の政治家~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。